ジョージア・物語キリム/アベサロミとエテリ2 | マルシェノスノス

1/20

ジョージア・物語キリム/アベサロミとエテリ2

¥248,000 税込

残り1点

※この商品は最短で10月31日(日)頃にお届けします。

この商品は送料無料です。

素材:羊毛
サイズ:幅125〜133cm、長さ約202cm
原産地:ジョージア・トゥシェティ
年代:不明(もう一点の物語キリムと同じ頃と思います)

ジョージア(グルジア)に昔から伝わるエテリアーニという物語が元になり、後に「アベサロムとエテリ」というオペラにもなったというお話の一場面が織られたキリムです。
英語では「Storytelling Kilim」と紹介されています。

物語によると、エテリは美しい少女だということなんですが、このキリムからだとわからない…
王子アベサロムはその美しさに魅了され、愛を誓ったそうですが…

もう1枚の物語キリムと同じお話のはずなのですが、登場人物の雰囲気が違って面白いです。
よく見ると、目が青い!細部へのこだわりも感じます。
ボーダーの花柄は他のキリムと同じように大胆で幾何学的ながらも、写実的な雰囲気もあるジョージアらしいお花なのに、馬も細部にこだわって織られているのに、人間のゆるさ。。
絶妙すぎてただならないセンスを感じます。

この絵のタイプのキリムは壁にかけて飾ることが多かったようで、そのためか全体的に状態が良いような気がします。
このトゥシェティ地方、冬は相当雪深くなるところらしく、店主が訪れたときに聞いたのは「夏は山の上の家で過ごし、雪の季節は山の下の村に降りて過ごす」というくらい冬が厳しいところです。
確か村に行く道が一本しかないとかだったような…
そんなところなので、冬は家にこもってキリムをひたすら織ったりしていたのか、寒さを凌ぐために壁にかけるキリムを少しでも明るく楽しいものを織ったのか、はたまた収入のために物語のキリムを織ったのか…
いつか山の人に話を聞いてみたいです。

というわけで、壁にかけるために織られたキリムかと思いますが、写真のように床に敷いてもかわいいです!

アベサロムとエテリはグルジア版ロミオとジュリエット的な悲劇の愛の物語です。
あまり情報は出てこないのですが、詳しくはwikipediaでAbesalom da Eteriを検索・参照ください。

______________
現地でクリーニング済みです。
ご購入後すぐにお使いいただけますが、天気の良い日に一度干していただくとより気持ち良くお使いいただけると思います。

織り始めから裾までの幅に大きな差がある場合、サイズを●〜●cmと記載しています。
手織りならではの味とご理解ください。

なるべく実際の色に近くなるように自然光で撮影しています。どの商品も1枚目の写真が実際の色に近いと思います。
質感など分かりやすいようにInstagramの動画も載せていますので、そちらもご参考になさってください。

ラグ・キリム全体のコンディションを確認し、修復跡や痛みの目立つ部分や気になりそうな部分の写真を掲載しています。小さな部分は見落としもあるかもしれませんので、予めご了承下さい。

販売価格は送料込みの金額です。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥248,000 税込

送料無料

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品